▼ 目次

「コープさっぽろのお店」利用されてますか?
行ってるよ!というそこのアナタ。ちなみによく利用するのは、なに店でしょうか?ふだん行くのは自宅や職場の近くにあるところ!という方が多いと思うのですが、今回はそんなあなたにこそ見てほしい記事です!

コープさっぽろのお店は、ぜんぶ同じじゃないんです!

コープさっぽろは全道各地に店舗があるのですが、実はそれぞれに違った個性があるのです。いくつか回ってみないとなかなか気が付かないことだと思いますが、お店の大きさやレイアウトだけでなく、並べている商品やサービスなどにも細かな差が!そのため、コープさっぽろ好きの方の中には、いくつかの店舗を使い分けている方もいるのだとか。
ということで、今回はそんなさまざまな特徴を持ったコープさっぽろの店舗についてご紹介します!!

▼コープさっぽろのお店一覧
https://www.sapporo.coop/shop/
▼コープさっぽろの求人情報(パート・アルバイト)
https://coop-sapporo-job.net/jobfind-pc/

コープさっぽろ Socia(ソシア)店

札幌市南区にある「コープさっぽろ Socia(ソシア)店」は、規模が大きいコープさっぽろの旗艦店。(ちなみに、札幌市白石区にある「Lucy(ルーシー)店」も旗艦店です!)鮮度抜群の野菜が揃う、安心の「ご近所やさい」の品揃えも充実していて、さまざまな農家さんの野菜に出会うことができるのも魅力です。

1階にはキッチンスタジオも併設し、料理教室や食をテーマにしたイベントなどを開催しています。レンタルキッチンや料理撮影のスタジオとしても使用することができますよ!そのほか、誰でも自由に演奏できる「Daredemo Piano(だれでもピアノ)」があったり、飲食店や家電量販電があったりと、ちょっとしたショッピングモールのような楽しみ方もできる店舗になっています。

[ワンポイント豆知識]
Socia店の焼き芋コーナーは全店一の充実度!驚くべき品揃えはなんと10種類以上。
きっと焼き芋大好きなスタッフさんがいるに違いない…!
寒い時期に恋しくなる「焼き芋」はぜひSocia店で!

コープさっぽろ Socia(ソシア)店
・住所/札幌市南区川沿5条2丁目3-10
・営業時間/9:00~21:50
・電話番号/011-571-5141

▼地図やテナント情報などはこちらをご覧ください。
https://www.sapporo.coop/shop/detail.html?no=14

コープさっぽろそうえん店

2022年10月にオープンした新店舗「コープさっぽろ そうえん店」。リユースボトルへの給水が可能な純水炭酸水自動販売機を北海道初導入するなど、環境にも配慮した店舗づくりをしているのも特徴です。

一人暮らしの方に人気なのが、バナナの量り売りや卵のバラ売り!1つから購入できるので、「ちょっとだけ欲しい」というときにもぴったりです。また、コープさっぽろでは最大規模の冷凍食品コーナーを展開していて、離乳食・幼児食としても人気の「きらきらステップシリーズ」(宅配トドックでも人気!)なども。幅広い世代に寄り添う商品を取り揃え、暮らしをサポートしています。

そして、2階には日用品を展開する「無印良品」を併設。店内の内装や自由に休める休憩スペースには、北海道産の道南スギやトドマツを使用し、とてもおしゃれな雰囲気になっていますよ!無印良品で人気の冷凍食品も導入しています。

ラベルいっぱいに商品名が…

[ワンポイント豆知識]
そうえん店は、出来立て・店内調理の大惣菜化プロジェクト商品の取り扱いもあり、入ってすぐに惣菜コーナーがあるのも特徴。その日のご飯を探しに!というときも、サッと買えて便利です。
ちなみにコープさっぽろの惣菜には独特のネーミングのものがいくつか…「手羽元を生姜醤油に漬けた。そして、煮た。」「豚タン焼とねぎ塩は合うと思います。」などなど、ぜひ店頭で探してみてください。

コープさっぽろ そうえん店
・住所/札幌市中央区北10条西23丁目1-1
・営業時間/9:00~22:00
・電話番号/011-590-1391

▼地図やテナント情報などはこちらをご覧ください。
https://www.sapporo.coop/shop/detail.html?no=116

コープさっぽろ きたひろしま店

2023年6月にリニューアルオープンした「コープさっぽろ きたひろしま店」は、北海道日本ハムファイターズ新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」からほど近くにある店舗です。

こちらでは、コープさっぽろの「トヨヒコ」に続く新しいスイーツブランド、和菓子スイーツの「いなぞう」をコープさっぽろの店舗で初導入!トドック型の人形焼とどらやきを組み合わせた「布団がふっ飛んだ!トド焼き」や、あんみつ、白玉など、手土産にもぴったりな商品を多数取り揃えています。

また、併設する「無印良品」では、無印良品のテーブルやソファなどを設置した休憩スペースも完備。お買い物の休憩としてはもちろん、仕事や勉強、イベントなどにも使用することができます。さらに、地域の方や親子連れなど誰でも利用できるコミュニティスペース「トドックステーション」も併設。絵本や木のおもちゃなどもたくさんあるので、お買い物の前後など、親子で遊びに行くのもいいですね!

[ワンポイント豆知識]
無印良品内の休憩スペースである「お休み処」では、不定期でイベントなどを開催することも。公式ページで情報を掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。

▼無印良品 コープさっぽろ きたひろしま店
https://www.muji.com/jp/ja/shop/046832/articles

コープさっぽろ きたひろしま店
・住所/北広島市中央3丁目2-4
・営業時間/9:00~22:00
・電話番号/011-807-8612

▼地図やテナント情報などはこちらをご覧ください。
https://www.sapporo.coop/shop/detail.html?no=22

コープさっぽろ 西宮の沢店

コープさっぽろには、CO2と省エネルギーを目指した「ECO・OP(イイコープ)店舗」があります。2010年にオープンした「コープさっぽろ 西宮の沢店」はその第1号店で、日本で初めての大型木造スーパーマーケットでもあるんですよ!太陽光パネルやソーラーウォールシステムなど、さまざまなエコへの工夫とアイデアが詰まっていて、2011年にはグッドデザイン賞も受賞しました。

なお、木造建築ではありませんが、「さつない店(幕別町)」、「新橋大通店(釧路市)」、「とんでん店(札幌市)」、「びほろ店(美幌町)」も、環境に配慮したECO・OP店舗です。

こちらがカーボンフットプリント

[ワンポイント豆知識]
西宮の沢店をはじめとした「エコ店舗」の立ち上げと同じ時期に始まったのが、「カーボンフットプリント」の取り組み。これはコープさっぽろのオリジナル商品に、CO2排出量を記載するというもの!
詳しくは過去の記事でご紹介しているので、ぜひご覧ください。

▼「カーボンフットプリント」ってなんですか?コープさっぽろのオリジナル商品について聞いてみた
https://coopcycle.sapporo.coop/media/food/food_1771/

コープさっぽろ 西宮の沢店
・住所/札幌市手稲区西宮の沢3条1丁目12-1
・営業時間/9:00~21:45
・電話番号/011-665-0051

▼地図やテナント情報などはこちらをご覧ください。
https://www.sapporo.coop/shop/detail.html?no=2

コープさっぽろ たいき店

十勝の南部に位置する大樹町にあるのが「コープさっぽろ たいき店」です。なんとこちらの店舗は、道の駅「コスモール大樹」に併設している、めずらしい店舗なんです。元々、道の駅内には違うスーパーが入っていましたが、コープさっぽろが事業を継承し、2019年11月にリニューアルオープンしました。

農協・漁協・生産者さんとのつながりによって叶った、地元大樹町のこだわりの商品などが揃うほか、地域のコミュニティスペースとしても活躍しています。また、道の駅に併設していることもあり、ドライブや旅行、車中泊の際に立ち寄る組合員さんが多いのも、こちらの店舗の特徴!Wi-Fi完備のイートインスペースもあるので、旅の途中などにぜひ立ち寄ってみてくださいね。

[ワンポイント豆知識]
道の駅「コスモール大樹」には、コープさっぽろ以外にもいくつかのお店が併設されています。100円ショップにドラッグストア、ラーメン店など…ほかの道の駅では見られないようなラインナップ。
大樹町は「宇宙のまち」と呼ばれるだけあって、宇宙に関する展示などもあるそう。公式のFacebookで情報発信をされているので、ぜひお出かけ前にはチェックしてみてください!

▼コスモール大樹 Facebookページ
https://www.facebook.com/CosmallTaiki/?locale=ja_JP

コープさっぽろ たいき店
・住所/広尾郡大樹町西本通98番地
・営業時間/9:00~20:00
・電話番号/0155-88-7301

▼地図やテナント情報などはこちらをご覧ください。
https://www.sapporo.coop/shop/detail.html?no=112

コープさっぽろの、変わった店名の由来とは?

"LUCY"ってどういう意味!?

ここまで、いろいろな店舗についてご紹介してきましたが、みなさんはあることに気が付きませんでしたか?「そうえん店」や「西宮の沢店」など地名が入っている店舗がある一方で、あきらかに地名ではない謎のフレーズが入っている店舗があるのです…!そんな店舗の名前の由来についても、最後に調査することにしました!!

ところがお店の名前が決められたのは、もう何年も前の話。なかなか情報にたどり着くことができません。それでもと調べ続ける中で、ようやく1店舗、開店当時の資料を見つけることができました!
ひときわ名前が特徴的な、札幌市白石区にある「LUCY店」の由来です。

〈店名LUCYの由来〉
LUCYは、Life of Useful & Cultural for You(文化的で有益なくらしをあなたに)の意味で、エチオピアで1973年に発見された、アウストラロピテクスの化石人骨「ルーシー」に由来する。
ルーシーは300万年以上前のものと推定され、発見された初期のヒト科の化石の中でもっとも保存の良いものの一つである。発見された化石は女性のものとされ、発掘されたキャンプ地でニックネームを付けることになり、その際に決まったのが「ルーシー」という名前である。
この名前は、ビートルズの曲名「lucy In The Sky With Diamonds」から命名された。現地のスタッフが発見時に流していた楽曲だったからだそう。

※開店当時の資料より抜粋。

資料を見てびっくり、まさかそんな由来だったとは!事実は予想の斜め上、アウストラロピテクスの化石に付けられた名称からでした。でもなぜここから取ったのだろう、という疑問は残されたまま。むしろナゾは深まったと言えるかも知れません…。
他の店舗の由来も引き続き調査を進めたいと思いますので、分かり次第追記させていただきます!

個性豊かなコープさっぽろのお店

コープさっぽろは、現在北海道内に108店舗あります(2023年10月現在)。それぞれの店舗が地域に根ざした工夫を重ねていることで、店舗ごとに異なる特色ができているんですね。

そのため、お店を回ることで見つかる違いは、地域のことを考えたコープさっぽろの取り組みの現れとも言えます。エコに気を配った店構え、客層に合った手に取りやすい商品ラインナップ…などなど、その違いを探してみてもらえたらうれしいです。

そして「いいな」と思うお店があったら、ぜひまた利用してみてください!足を運んだり、商品を買うことは、その取り組みの応援にもつながっていきます。
お店選びも、小さなアクションの一歩!今回ご紹介したお店もまだまだほんの一部だけなので、ぜひいろいろな店舗を回って、お気に入りの店舗を見つけてくださいね!

〈関連リンク〉
▼コープさっぽろのお店一覧
https://www.sapporo.coop/shop/
▼コープさっぽろの採用情報(パート・アルバイト)
https://coop-sapporo-job.net/jobfind-pc/
▼コープさっぽろのオリジナル商品「なるほど商品」
https://naruhodo.sapporo.coop/

北海道で生きることを誇りと喜びに

コープさっぽろの取り組みは、組合員さんのご利用や参加によって「北海道の暮らしを豊かにすること」につながっています。取り組みは組合員さんならどなたでも参加でき、日常を通して気軽に参加できるものもあります。コープサイクルでたくさんご紹介していきますので、ぜひその他の記事もご覧ください。

組合員への加入はこちらから

関連記事
カイモノのセンタク〜vol.6 「食べる幸せ」編〜”おいしいお店”のヒミツに迫る!
プロジェクト

カイモノのセンタク〜vol.6 「食べる幸せ」編〜”おいしいお店”のヒミツに迫る!

「なるほど商品」ってなんですか?コープさっぽろのオリジナル商品について聞いてみた(前編)
プロジェクト

「なるほど商品」ってなんですか?コープさっぽろのオリジナル商品について聞いてみた(前編)

「フードロス対策部長」はひつじさん!? コープさっぽろエコツアーを開催しました!
プロジェクト

「フードロス対策部長」はひつじさん!? コープさっぽろエコツアーを開催しました!